メンズ脱毛サロン・クリニックを探すならメンズ脱毛比較ナビ

埋没毛(埋もれ毛)ってどう対処すればいい?

そもそも埋没毛ってどういう状態なの?

埋没毛(埋もれ毛)とは、発毛・成長した毛の毛先が皮膚のなかに埋まってしまい、黒いぼつぼつが肌に残ってしまう状態のことです。

皮膚の盛り上がりが目立つので、肌を露出するときには見た目の面で気になってしまうほか、状態が悪いと炎症を起こしてしまうこともあります。

どうして埋没毛ができてしまうの?埋没毛の原因は?

自己処理をしたことがある人の大半は経験したことがあると言われる、埋没毛。原因としては、自己処理の方法が挙げられます。

肌が乾燥した状態で自己処理を行ったり、カミソリや毛抜きで自己処理を行ったりした場合に、皮膚や毛穴を傷つけてしまい、毛穴がふさがれて毛が外に出られなくなってまうことがあるんです。

もし、埋没毛になってしまった箇所があったら、毛抜きで抜くような処置はやめましょう。
肌や毛穴を余計に傷つけてしまい、色素沈着など、別のトラブルの原因になりかねません。

できてしまった埋没毛の取り出し方・治し方

埋没毛の取り出し方・治し方には、主に以下の3種類があります。

  • スクラブやピーリングを行う
  • 自然に治るまで放っておく
  • 皮膚科で治療する

それぞれの特徴と、実際の埋没毛の状態を見て、適切な対応を選びましょう。

スクラブ・ピーリングで角質除去

埋没毛を取り除く方法のひとつは、スクラブやピーリングで角質除去のケアをすることです。

スクラブ粒子で肌をこすり表面の古い角質や汚れをこすり落とすこと
ピーリング化学成分などで角質化した皮膚を柔らかくして除去すること

スクラブもピーリングも肌への負担がないわけではありません。毎日繰り返すようなことはせず、週1回程度を目安としましょう。

自然に取り除かれるまで放置

何もせず自然と表面に押し出されるのを待つ埋没毛は放置しておくだけでも、代謝によって古い角質が取り除かれることで毛が表面に押し出されたり、毛穴が開いて成長した毛が自然と外に出ていったりすることがあります。

しかし、皮膚の状態によっては炎症になってしまったり、色素沈着してしまうことも考えられます。様子を見ながら状態が悪くなっていないか気にかけておく必要はあります。

皮膚科で治療

炎症が起きていたり、痛みを感じていたりする場合は早めに皮膚科へ行くようにしましょう。

自分でなんとかしようとして対処を誤ると、さらに悪化して「毛嚢炎(雑菌が毛穴に入り化膿する症状)」を引き起こすことも考えられます。毛嚢炎は、色素沈着や肌の黒ずみにも繋がってしまうため要注意です。

PAGE TOP